スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 名レース
2008天皇賞秋はすごかったね
間違いなく歴史に残るレースだった

ウォッカもスカーレットも女傑過ぎる。
強い牝馬が出てくると盛り上がるねー
メンバーだけでなく内容も神だった

こういう瞬間があるから競馬はやめれんな

| 11:43 | 競馬・結果 | - | - |
 第85回  凱旋門賞  結果
10月1日 フランスは快晴
海外競馬、初テレビっ!!

パドックが小さいとか、観客との距離がすごく近いとか
ファンファーレがないとか、競馬場の風景に奥行きを感じるとか!

いろいろ日本の競馬場と違うところが発見できたから、
観てて結構…それだけで楽しめたりしました。

それにしてもロンシャン競馬場
一番ビックリしたのはもぅ、アレですね。

日本人、多すぎ

騒ぎ過ぎ




もぅこれに限る。

パドックや、場内客席に目をやると、
どのカメラにも日本人写ってて
正直笑えましたよ、うん。

日本と同じ感覚で海外の競馬観に行ってんじゃねーよ
空気読め。

凱旋門賞直前オッズを見ても

ディープインパクト 1.1倍

この資料だけで、いかに日本人だらけのレースだったか…
察することは出来るかな、と思います。

亀田兄弟の件に関しても同じこと言えるんだろーけど、
話題性だけに注目して過度の期待をかけまくる人たち
って、やっぱりいるんでしょうかね。

恥って言葉は使いたくねーけど、
なんか気持ちわりーよ、そーいうの。

応援しすぎで・・・か、どうかはわからないけど
馬が全体的にちょっと驚いてなかったか?
異様な圧力が武・ディープコンビを包んでる感じだったぞ。

嗚呼 japanese idiot.


レースの直前直後、テレビの前で不意に胸糞悪く…
というか、ちょっと興ざめしてしました。

・・・

まぁ、
それは置いといて。


さて
そんな日本の競馬ファン、ディープファン注目の

凱旋門賞

ディープインパクト3着…!!

やー、一時先頭に立つ場面があったけど、負けちゃいましたね〜。
・スタートがスムーズだった。
・前から攻める形で行った。
・前評判が良かった馬以外の馬に先にゴール切られた。
 etc

予想外!!

って言葉が非常に似合うレースだったと思います。


そんな予想外なレース。
全体を通してみると、やっぱり
各馬、常にディープをマークして走ってるような感じでしたね。
その中で武豊騎手は凱旋門の前哨戦、
フォア賞で1着だったシロッコを意識しながら
ディープを走らせているような印象を受けました。
レース中、最後の直線まではシロッコの後ろにピッタリくっつく形で
手綱を取ってましたから。

世界ランク1位のハリケーンランは坂の終わり、
フォルスストレート辺りまでは
力を溜めてチャンスをうかがってる雰囲気でしたが、
位置取りがあんまり良くなくって
ラスト500m辺りで脚を使うタイミングを完全に見失っちゃいましたね。

一番残念だったのは、この馬だったんじゃないか。


最後の直線ではディープの十八番、
爆発的な末脚に期待したんですが
周りが世界中から集まった代表だっただけに
いつもどおりに炸裂したとは言えなかった。
1着のレイルリンク、2着のプライドはなんといっても
底力が凄かったんだと思います。

特にプライドの追い込みは
いつものディープを見ている様で、すごい迫力だった。
最後方からレースを展開して、最後の直線で爆発させる走り
完全にディープのお株を奪うモノでしたね。
コレが斤量の差と言えなければ、完敗なレースになっていた。

しかもこのプライドに騎乗していたのは
去年のクリスマスグランプリで初めてディープが負けた馬
ハーツクライに乗っていた騎手、ルメール


これでこのルメール騎手に
武・ディープコンビは2敗目
ということで、
俺としては、この現実が一番残念だった!!
この人だけには勝ってほしいと思ってたから。


それでも、これぞまさに最高峰のレース!って感じでした。
無事に終わって、ひとまず安心っ!
ディープはこれからもっと海外G気膨んでってもらいたいですねーっ。

今度はしっかり、
前哨戦もやらせて馬に場の感覚を覚えさせるような、
堅実な調教で仕込んだ状態のディープインパクトを
大レースに送り込んでほしいですな!




↑ 凱旋門直後にコレ書いてるんで微妙にまだアツい。
寝れるかな…(´・ω・`) am 3:00




 

| 01:50 | 競馬・結果 | - | - |
 大波乱
前回の凱旋門の話
ディープインパクトといい勝負をするんじゃないか
ってそんな期待をしていた3頭のうちの1頭

エレクトロキューショニスト
突然の心臓発作のため、急死した。

この馬は日本馬と対決する機会が何度かあって、
インターナショナルステークスでは
武豊騎手鞍上のゼンノロブロイとクビ差の接戦。

ドバイワールドカップでは
カネヒキリに圧勝

キングジョージでは
有馬記念で唯一ディープインパクトを破った馬
ハーツクライとほとんど互角のレースをした。


大事なレースを前に急死。
ニュースで見てホントにビックリした

凱旋門での、
ディープのライバルが一頭いなくなった。

正直、日本の馬に勝ってほしい気持ちはあるけど
それは純粋に「勝って」ほしい。

すごく残念。これで
「エレクトロキューショニストに勝った日本馬」は一頭もいない。

勝ち逃げか…。

ご冥福を祈る




http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=horse&a=20060910-00000003-kiba-spo




| 21:57 | 競馬・結果 | - | - |
 名牝2頭のはなし
8月17日 二冠馬ベガ死亡
8月19日 変則二冠馬ラインクラフト死亡


んー。
久しぶりの競馬の話だけど、暗い話になりそうだ。

ベガに関しては、
リアルに競走馬だった時代、俺は小学生だったんで
儲けさせてもらった記憶はないのですが

その子供
アドマイヤベガ アドマイヤドン アドマイヤボス キャプテンベガ は
馬券と共に応援した。
そして
アドマイヤベガの子供、孫にあたる
キストゥヘヴン は今年、桜花賞に勝利。

名牝の血統が脈々と受け継がれてる気がします。
競走馬として結果を残した牝馬が、
繁殖馬としても歴史に名を残す例はなかなか珍しいんじゃないかな。
この仔たちが活躍すればするほど、ベガの存在は生きる。

16歳、くも膜下出血のため死亡


そしてラインクラフト
現役競走馬。
今年の秋はそれほどスプリントの注目選手がいなかっただけに
期待してたんですが、今回の急死は本当に残念。

スプリンターズSにも当然出るだろうと思ってたし、
オレハマッテルゼとの再戦も確実だろうと思ってたのに。

ショック。まじショック。
実力から見ても短距離路線の中心になれた馬だろー…。

血統的にもこのラインクラフト
エンドスウィープを父に、
サンデーサイレンスを母父に持った良血。
繁殖馬としての活躍も見守っていきたかった。

4歳、急性心不全のため死亡
4歳牝馬でチカラのある馬は残り、エアメサイヤ1頭のみか!?






← 今年は名馬がよく逝くなぁ。。。






| 01:53 | 競馬・結果 | - | - |
 宝塚記念  結果
一着…ディープインパクト
二着…ナリタセンチュリー
三着…バランスオブゲーム


◎ディープインパクト → 1着
○アイポッパー → 13着
▲リンカーン → 9着
△コスモバルク → 8着
△ダイワメジャー → 4着





思っていたよりも、京都競馬場は雨が酷かった。
稍重の発表で始まったこのレースは
テレビ画面を通して見ても完全な重馬場

結局、前残りだったレース展開では
予想は大きくハズレてしまいました・・・。
「馬券の買い方」を考えたら
難しいレースだったのかもしれません。

アイポッパーの脚は雨で後半使い物にならず
コスモバルクは海外遠征後の初レース、
やはり疲れもあったんでしょうか。


ただ、
本当に強い馬には

馬場状況だろーが
距離適性だろーが
コースなんてものも全然関係なかった。

ディープインパクト、4馬身差で圧勝

5度目のG祇覇!


後方からスーッと上がっていって
直線で他馬を追い抜き、いつの間にか
先頭を走っている様は・・・いつ見ても気持ちがいいです。


海外遠征に弾みをつけた、見事な快勝

今回の競馬ではレース全体を支配してる感じがしましたよ。
ファンファーレにも、観客の手拍子にも動じないあの集中力
ホントに、この馬は賢い。


次に目指すは10月1日に行われる世界最高峰レース

ミドリマキバオーのライバル、
あの「カスケード」でも勝てなかったあのレース。



フランス・凱旋門賞での1着!!












← がんばれ日本代表 ディープインパクト!

| 00:01 | 競馬・結果 | - | - |
 ダービー 結果  DOUBLE CROWN
一着…メイショウサムソン
二着…アドマイヤメイン
三着…ドリームパスポート


◎フサイチジャンク → 11着
○ドリームパスポート → 3着
▲ジャリスコライト → 14着
△トーホウアラン → 9着
△アドマイヤメイン → 2着





今年はダービーを生で観戦した。

雨だったら観に行くの止めようかと思ったけど、
天気の神様は俺に味方したようだ。

まぁ、競馬の神様には見放されたが。。。


ファンファーレや走る馬の足音、観客の怒声や歓声は
やっぱり臨場感のある「ホンモノ」が良い。
レースがG気覆蕁△修譴呂覆さら。

ダービーでの観客の入りはハンパ無いモノだった。
テレビで見るよりリアル。よりリアリティ。

「競馬の祭典」ということで、
今年のJRA イメージキャラクター、
中居正広(SMAP)も観戦してましたよ。
俺のちょうど真上だったみたいです。


今回の結果は皐月賞を制した
メイショウサムソン&石橋守騎手のコンビが勝利し、
ディープインパクト年であった昨年と同じく

この時点での2冠馬の誕生となりました。

正直このメイショウサムソン
俺ぁ実力を見くびっていました。なんというか、
「スターホースらしくない」という見方をしていたんですが
終わってみれば完璧なレース運び。
これはもぅ驚くしかなかった。

やや重の馬場状況やスローな展開など
この馬に好条件だったレースとはいえ、
今考えれば順当な勝利だったのかなぁと思います。

残り300メートル付近から、
必死にムチを振るう石橋騎手の気迫は観ているこっちも熱くさせるようなものでした。

「夢の夢」と語っていたダービージョッキーになれた瞬間
ちょっとウルッときましたよ。おめでとうございます。



← ダービーウィーク、楽しめました。






ただ、金銭的に今日の負けは相当痛かった。
馬券の買い方、もう少し俺は考えにゃならん。
今年は全然勝ててない・・・。

| 02:17 | 競馬・結果 | - | - |
 ヴィクトリアマイル 結果
一着…ダンスインザムード
二着…エアメサイア
三着…ディアデラノビア



◎ダンスインザムード → 1着
○ヤマニンシュクル → 7着
▲マイネサマンサ → 10着
△ヤマニンアラバスタ → 12着




復活!!!


記念すべき第1回目のヴィクトリアマイル
1枠1番のダンスインザムードが、直線を内から鋭く伸びてまさに快勝!!

このダンスインザムードという馬
2004年、三歳の時に挑んだ桜花賞までは、
それまでは負け無しの牝馬だったんですけども…

桜花賞後には全く勝てない日が続いていました。。
早熟の馬だったのかと思ってたんですけど、
今回のレースで一気に復活って感じです!良かった。


鞍上の北村騎手にとっては8年目にして初のG犠〕。
自ら勝利をたぐり寄せた、完璧の騎乗だったと思います。

関東馬&関東騎手のコンビでG犠〕は今年初ですし、
観ていてなかなか気持ちのいい競馬でした〜っ




← 28日のダービー観に行きてぇなぁ…(またか



| 13:38 | 競馬・結果 | - | - |
 unknown
前回、競馬の予想だけして
結果を書かないのもどうかと思うんで、
6行ぐらいにまとめましょうか


レース開始は、お決まりの出遅れスタートからだったディープインパクト。
それでも中盤には追い上げて、最後の下り坂で先頭に立つ。
終わってみればディープ圧勝!
天皇賞のレコードタイムを1秒も縮めて記録樹立。
次のレースは海外G気陵縦蝓去年の有馬記念で唯一勝てなかった馬
「ハーツクライ」との再戦に期待っ!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


まただいぶ更新に
間が空いてしまいましたね。。。

生きてます。生きてますよ

GW半ば。
書きたいこともあるんけどなかなか…

パソコン開けない日々が続いてます


禁イライラキャンペーン中の俺ですが、
最近イライラに直面する機会が増えてます。

禁怒、禁怒…。





← なんだこの変な日記わ

| 01:50 | 競馬・結果 | - | - |
 皐月賞  結果 +α
一着…メイショウサムソン
二着…ドリームパスポート
三着…フサイチジャンク

◎フサイチリシャール → 5着
○ジャリスコライト → 7着
▲サクラメガワンダー → 6着
△キャプテンベガ → 13着



惨敗…!!!!

ジャンクムーンも蹴ったのにその2頭が3着4着

そして前哨戦のスプリングSを勝ったにもかかわらず、
ノーマークだったメイショウサムソンが1着

騎手が乗り変わったことで気にも止めていなかったドリパスが2着

どーしよーもないね。

しかもレース自体もあんまり、
ちゃんと見てないんで回顧できません…!!

どーしよーもないね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は初めてのゼミでした。

集まるのは今回が2度目なんですけど
どうも周りの空気がまだ読めない。

うまくやっていけるかなぁー・・・。

ウチのゼミは
俺らが第一期生っていう、
けっこう何から何まで全部決めなきゃいけない立場。

「創る」ことがウチらの役割

とか、頭の中では考えてたんだけど

俺が思ってたよりも
いろいろ決めるのに時間がかかる。

サクサク物事が進まねぇ

禁イライラキャンペーン中なのに
ちょっとイライラした。。。

軌道に乗っちゃえば
また違うんだろうけど

「初代」っていうモノの大変さを
初めてリアルに感じました


これからゼミがんばろ。

最初だからかわからんが

すげーつかれた



明日はとりたい授業がないんで
学校無ーし!!!


← 毎週火曜は俺ぁ休日だ♪


| 22:36 | 競馬・結果 | - | - |
 桜花賞 結果
一着…キストゥヘヴン
二着…アドマイヤキッス
三着…コイウタ

◎フサイチパンドラ → 14着
○シェルズレイ → 5着
▲アドマイヤキッス → 2着
△テイエムプリキュア → 8着
☆ラッシュライフ → 9着



えーっと、

桜はもう散りました…

俺の予想もボロボロですっ!!

昨日ぁ他のレースも
全然当たんなくて残念な日曜日でしたよ

しっかし
1着がキストゥヘヴン
2着がアドマイヤキッス


うーん、
なにこの

接吻決着

くっそ〜、エロスめーっ

・・・

レースの内容としては
早くもなく遅くもなく。

4着のアサヒライジング
終始全体をひっぱっていく流れで、
もしかしたら逃げ切り勝ちか…??と思ったらそうはいかず。

最終コーナーを曲がったあたりからの
瞬発力がすごかったキストゥヘヴン

大外から狙っていたアドマイヤキッス
そして中団で待機していたコイウタに捕まった。

最後の直線で
安藤勝己J、武豊J 、横山典弘Jの
ムチのたたき合いはすごい見ごたえがありました!!

それにしても
2歳チャンピオンのテイエムプリキュア
こんなもんだったのかなぁ…

パドック見たとき良い体してただけに
残念ですな。


← 来年から桜花賞は2400mに変わるんですねー。

| 10:15 | 競馬・結果 | - | - |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.